芝浦工業大学校友会
芝浦工業大学全国校友会支部紹介
関東
栃木支部
設立年月日 1984年 08月 21日
支部紹介

 栃木支部は、栃木県庁土木部などの芝浦工大OBで組織する「芝楽会」のメンバーを中心として、昭和59年8月に、初代支部長の戸井原文夫氏(芝浦工業専門学校土木工学科:昭和23年卒)が中心となり宇都宮市内の「アピア」において設立総会が開かれ「校友会栃木支部」が誕生しました。
 その後、一時総会が開催されない時期がありましたが、平成18年からは毎年11月に支部総会・研修会・懇親会を開催する他、ゴルフコンペなどによる会員相互の交流・親睦を図っております。
 また、支部発足から30年を迎えた平成27年3月には、記念誌「栃木支部30年のあゆみ」を発刊しました。
 現在の会員数は110名で、30名程度の会員が毎年総会に出席しております。
 なお、令和2年度の支部総会は新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、書面により開催することとなりました。早期に例年どおりの開催ができるようになることを期待しております。
支部長・役員紹介

平成28年から栃木支部の支部長になりました池田猛です。昭和59年に発足した栃木支部ですが、県内在住の卒業生約1500名のうち、支部会員数は110名と大変少ない状態となっております。
これから卒業して社会で活躍する若い人のためにも、支部会員を増やして活動を活発化させていくことが、重要と考えております。

そのため、支部役員と一丸となって、

1.建学の精神に学び、社会から与えられた役割を一人一人が
しっかりと果たすこと
2.支部の会員数を増やし、組織力を強化すること
3.現場見学会などの開催により、会員相互のコミュニケーシ
ョンの充実を図ること
4.在学生との連携をとおして、就職支援を図ること
5.大学創立100周年に向けて、支援体制を構築すること
6.通信機材を駆使して、会員相互の連絡体制の整備と、連絡内
容の充実を図ること

これらの活動をとおして、芝浦工大の「ブランド力の向上」へ努力して参ります。

具体的に、今年度は、
1.組織力強化・会員数増加部会
2.コミュニケーション充実部会
3.在学生の修学支援部会、
4.連絡体制の強化部会
などを設けました。
 
今後とも、栃木県内に在住している卒業生の皆様、勤務されている卒業生の皆様のご参加をお待ちいたしております。
令和元年11月

 令和2年度の支部総会は書面開催となりました。例年どおり [疣存鞠度の事業報告・決算報告、⇔疣贈嫁度の事業計画・予算の承認とあわせて、L魄改選についても下記のとおり承認となりました。
令和3年1月

………………………………………………………………………………

役員名簿(令和3年1月現在)

杉山 元成 1948年 土木(工専) 顧問
宇塚 典夫 1962年 土木     顧問
小黒 幸市 1966年 工化     顧問(前副支部長)
池田 猛  1973年 土木     支部長
野中 章光 1969年 土木     副支部長
善林 頼和 1976年 土木     副支部長
田村  穣 1976年 土木     副支部長(前監事)
田辺 義博 1980年 土木     副支部長
竹久保 洋 1984年 建築     副支部長
鈴木 啓三郎 1972年 土木    幹事
加藤 陽  1974年 土木     幹事
大川 謙三 1975年 電気     幹事
堀江  満 1976年 土木     幹事
岡田 正  1977年 金属     幹事
釜井 重一 1980年 建築     幹事
長 勲   1981年 土木     幹事
榎本 達也 1982年 工経     幹事
成田 和彦 1982年 機工     幹事
大橋 保  1983年 工経     幹事
山根 宏信 1986年 電気     幹事
今井 雄治 1986年 電子     幹事
神谷 太郎 1996年 建築     幹事
井澤 清二 1975年 土木     監事
毛部川 直文 1977年 土木    監事(前事務局長)
江口 亜子 1993年 土木     監事
平野 美鶴 1982年 土木     事務局長(新任)

支部ホームページ
支部会則


支部活動状況報告

芝浦工業大学全国校友会支部紹介 北海道 東北 信越・北陸 関東 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄 海外 職域支部 同好支部 全国校友会支部紹介 実学サロン 日建学院資格取得講座 総合資格学院 公示 校友倶楽部 校友の広場

全国校友会支部紹介校友倶楽部お問合せサイトマップ個人情報保護方針
校友会概要校友会のあゆみ事務局からのお知らせ行事予定校友会だより
芝浦工業大学校友会